03-5466-9270

メールでのお問い合わせはこちら

NEWS & TOPICS

2019.10
ラグビーW杯で日本は3連勝と好調です。このまま決勝トーナメントに進んでほしいものです。
2019.09
ラグビーW杯日本大会が開幕しました。日本らしい開幕式だったと思います。開幕戦にも勝利し、今後の試合が楽しみです。ところで、太陽生命渋谷ビルが渋谷二丁目17地区開発事業のため取り壊されることになり、当事務所も10月7日をもって移転することとなりました。とても便利な場所で多くの楽しい思い出もあって、ここを去ることは名残惜しいですが、新事務所も、「渋谷区渋谷1-11-3正栄ビル7階」で渋谷駅からも8分ほどでとても便利な場所です。また、電話番号、FAX番号にも変更はありません。引き続き宜しくお願いします。
2019.08
参議院選挙も終わり、夏から秋にかけてトランプ大統領の関税と武器購入、中東派遣の強烈な圧力が予想されます。安保が不平等で負担が大きいと双方が言うのだから、この機会に沖縄を含む日本の米軍基地を段階的に縮小して負担を軽減し、その予算を他に回してほしいものです。今年は、8月13日(火)から8月16日(金)まで夏季休暇となります。
2019.06
横浜地検が実刑の確定した保釈中の被告人を取り逃がす失態がありました。人質司法の実態を知らない国民も多いので、再び、保釈に対する消極的な風潮が蔓延しないか心配です。今回、確かに、如何にも逃げそうな被告人を保釈したようにも思えますが、推定無罪原則を考えれば、その点の問題よりも、むしろ4か月も自宅にいた被告人に逃げられたことが信じられないところです。また、逃走後の逮捕にも時間が掛かりすぎており、やはり保釈にGPS導入を急ぐべきだと思います。
2019.05
令和元年となりました。裁判員制度も10年の節目に来て、色々な議論がなされていますが、裁判所が少しずつ変わってきたように感じます。また、元裁判官が朝日新聞にて被告呼び捨てについて語るなど時代の変化を感じます。ところで、トランプ大統領の訪日に安部首相が一生懸命に笑顔で接待していますが、日本にとってあまり好ましい大統領でないならば、彼の人気取りに利用されないでほしいものです。トランプ大統領に言われてF35戦闘機100機を7000億円で買わされたうえ、何かにつけ媚び媚びしている姿に違和感を覚えました。交渉も含めてもう少し毅然と対応してよいように思います。
2019.04
タイガー・ウッズがマスターズで優勝しました。あまりにドラマチックな復活劇に感動しました。2000年にタイガーを見るためにわざわざスコットランド、セントアンドリュースまで行った日のことを思い出しました。あの時の全英オープンはタイガーのぶっちぎり優勝でした。あの強いタイガーをまた見れるのはとてもうれしいです。
2019.03
暖かい日が続き、春らしくなってきたので、先日、ゴルフに行って来ました。一緒に廻った老人が昼食時にゴーンの顔は悪人そのものだと言っていました。しかし、勝手な想像ですが、会社支配権争いに国家権力を介入させて実力者を排除し、検察が日産の司法取引に応じたで時点で、善悪と言うよりも国策事件と思いました。卓越した才能で会社を再建かつ発展させたフランス人に直接引導を渡せる実力派日本人役員がいないから、裏で嵌めて検察に犯罪者として長く勾留して貰って排斥しよう、というようにも見えました。何か昔見た韓流時代劇ドラマのチャングムの一場面を思い出しました。ちなみに、チャングムは才媛でとても愛らしかったです。いずれにしても、保釈に関しては、日本も技術先進国なのだからアメリカのようにGPSを利用する方法をはやく検討して、国連からも是正勧告されないようにして欲しいものです。
2019.02
水泳の池江選手の白血病発症には大変驚きました。その瞬間、15年前に脳腫瘍と診断されて12時間手術したときのことを思い出しました。当時、どうして自分が、と思うと涙が止まりませんでした。池江選手の、超えられない試練などない、というコメントに池江選手の強さを感じました。是非、現代医学の力で、池江選手を競技水泳の世界に再び戻して欲しいものです。
2019.01
新年あけましておめでとうございます。皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。本年も宜しくお願いします。
2018.12
本年中のご芳情厚くお礼申し上げます。来年もよろしくお願い致します。皆様に良い年が訪れますよう祈念します。年末年始は12月29日から1月6日まで休みとなります。
2018.11
最近、米政治学者モンクさんの「ポピュリズムの台頭」や「冷たい自己責任論」など朝日新聞オピニオン欄がおもしろいと思いました。とくに法律家として、かつて日本の刑事裁判問題をクローズアップした元裁判官と裁判官の表現の自由を語る現役裁判官の「裁判官の品格」は、日本の司法における新旧ガリレオ対決(最初に地動説を唱えた意味で)にも思えて、とても興味深かかったです。数年前にドイツの裁判官の政治活動に関するビデオを見た時は衝撃的でしたが、グローバルの流れはもう止まることはないように思いました。

熊谷章法律事務所 
〒150-0002  
東京都渋谷区渋谷1丁目11番3号
正栄ビル7階
TEL:03-5466-9270(代)  
FAX:03-5466-9271  
業務時間:月~金 午前10時~午後5時30分

PAGETOP